まさかの坂のラッキー

今日もお読みいただきありがとうございます。

 

 

先日、身近に起こったまさかの坂

 

 

 

 

朝早くから、医者の説明を聞くために出かけて行った

 

 

 

病院からの説明が、病院に行った日に少しあり

その後は、全く無かった。

 

 

 

家族の心配をよそに、病院の対応は、

その病院の体質を表すのか⁉️

 

 

 

彼女は、嫁姑とかで苦労して、やっと自由の身になれた所、やっと楽しく人生を送り出し

今が一番幸せかもと言っていた矢先だった

 

 

 

 

本当に運良く、後遺症はあまり残らない感じだが、

何が出来て出来ないのかは、日常生活に戻るまでわからない所が多い

 

 

 

がしかし、命は守られて、

発症からの時間とかを考えると

大丈夫そう

 

 

 

 

後、数ミリ場所が違ったら、大変な事になっていたようだ。

 

 

 

信心深く、先祖供養もしっかりしている彼女

きっと、守ってくださった方がいらしたのだろうと

感謝です一杯。

 

 

もし自分がそうなったら、我が家はどうなるのか?

それが、主人だったら?

色々考えると、不安は尽きない

 

 

 

だから、備えは、必要なのだ、

改めてそう思った

 

 

 

地震でも何でも、その後すぐは、皆慌てるのだが、

風化する。

 

 

最低限のそなえは、忘れないでいるほうが良いなと

改めて感じました。

 

 

 

皆さまもお気をつけて下さいね。

 

 

 

今日も元気お読み頂きありがとうございました

感謝致します。